2018年02月10日

魅力発進

 音楽の魅力、自分が専門とする出会った楽器の魅力、名曲や人との出会いの感動を、子どもにも分かる内容でみんなに話して欲しい ☆音大生に課した話題だが、聴き手も私も「なるほど」「凄い」「感激」という反応は一回も無かった。課題の出し方が悪かったのか、学生の心に引き出しを開けることが出来なかったのか不明だが、実につまらない応えしか帰って来なかった。きっと専門にする音楽と向き合った感激があったからだろうが、だれもそれを語れなかった。いや本当に無かったのかもしれない、とさえ思った ☆フルートが何故好きになったのか、それで何をみんなに伝えたいのか、将来どうありたいのか、誰も語ることは無かった。先生に言われた通り、まるでコピーを繰り返すように、日課をこなしている。全員がそうではないだろうが、ほとんどの卵は茹で上がっていた。
posted by Dr.ひ〜ろ〜(坪能克裕) at 21:28| ドキュメント

2018年02月01日

型より入る

 物事には基本があり型がある。武道だけでなく音楽にもある ☆型とかマニュアルが無いと多くの人に基本から応用に拡げる事が難しい。しかし型に入ると出られない人も多い。出る必要もない、という人やジャンルもある ☆創造性はその基を生かして脱していくことだが、型を金科玉条に守る人が多い。音楽でもいまだに西洋に被れたままの人もいる。被れた同志の言葉は通じやすい。被れから脱却すると異なる見方も出来るだろうが、人は直ぐに保守に回るからなかなか型を超えることが無い ☆作曲に限らず、各種のコンクールなどを見ると、音楽が自由に飛び出さない全体主義のような型が拡がって行くように思える。
posted by Dr.ひ〜ろ〜(坪能克裕) at 17:23 | TrackBack(0) | 日記

2018年01月24日

芸術の外輪

 文化会館・文化事業に於いて「教育・育成プログラムは付録に過ぎない、演奏芸術が一番だ」と言われたことがある ☆鑑賞が第一で、創作はその次。教育関係は更に下という序列があるようだ。音楽大学に限らず次世代の育成は当然ではあっても外輪に置かれている。先ずはステージのスターが中心にある ☆本当は自分の芸術の表現・創造も第一だが、常に次世代の育成や文化芸術の保護も同列に値する。しかしステージ評価が第一になる。二線級の仕事が教育だ、なんて土壌や思考は間違っている。次世代にはそれぞれの価値観の一級品を持った人でなければならない ☆文化庁・全国公文協主催の「アートマネジメント研修会2018」が終わった。音楽の教師の味方で、ステージで輝く人はもちろんだが、地域で文化育成に携わる人に対するプログラムを公開した。どこまでも外輪だと思われている部分だが、私は差別の無い、同列の文化芸術への、より優れた世界への挑戦を続けてきたように思う。
posted by Dr.ひ〜ろ〜(坪能克裕) at 00:38| 日記

2018年01月01日

迎春

 あけましておめでとうございます ☆(公財)三菱 UFJ信託地域文化財団の理事・音楽部門選考委員を今年から引き受けました。(公財)花王芸術・科学財団の役員、(公財)全国公立文化施設協会のアドバイザーもお手伝いしています。早速1月18日(木)「全国劇場・音楽堂等アートマネジメント研修会」で「特別プログラム」を担当させてもらっています。その他、富士市のロゼシアター・東京文化会館の専門委員もお引き受けして、相変わらず全国の文化施設のお手伝いをさせていただいています ☆昨年末で教員の仕事は全て終わりました。これからは若い優秀な人から音楽を学んでいくつもりです。ブログをお尋ねくださいましたみなさまのご多幸をお祈りしています。
posted by Dr.ひ〜ろ〜(坪能克裕) at 15:30| 日記

2017年12月31日

 除夜の鐘が聞こえてくる頃になった ☆鐘は倍音の宝庫だ。ベースの音が鳴ると、高周波成分が環境に合わせて共鳴する。空気が鳴る、木々の葉が響き合う、水の流れに乗る・・・その時々に音は変容する。そして遠くまでベーシックな音と共鳴した音とを伝えて行く ☆作曲家で鐘に興味が無い人の方が珍しい。日本のそれだけでなく、西洋の鐘も音の重なりを繰り返して、遠くまで響きを運んでいく。倍音のベースは、微妙に自然環境の音と共鳴していく。無数の中・高の音をベースは支えて行く。波の動きと同じで、少しずつ音の組み合わせが変わって行く ☆一つの音に全ての世界を聴くことは、高僧や天才にしかできないかもしれないが、私たちでも音の無限の組み合わせ・自然の中の共鳴は聞き取ることができる。
posted by Dr.ひ〜ろ〜(坪能克裕) at 22:56| 日記

2017年12月30日

年の終わりの四重奏

 終楽章のコーダは淋しいか?明日につながるワクワク感か?終わりよければ全て良しの総奏か? ☆年末、人生末、四重奏曲、人それぞれの結び方がある。どのタイプも頭では鳴っている。どれも満足な響きがする。しかしそのどれでも無い響きやコーダのまとめ方を求めていく。まとまらないことも大切なように思う。創り手の性だ ☆世には当たり前のコーダが多いのも事実だ。それを裏切るまとめは面白いときもあるが、大体が息切れしてくる。コーダを考えるだけで時間は過ぎて行く。またそこから次の音楽が始まる。
posted by Dr.ひ〜ろ〜(坪能克裕) at 23:17| 日記

2017年12月23日

最終講義

 22日に東京音大で私の「作曲法」・最終講義が行われた ☆半世紀近くの教員活動に終止符が打たれた。もう次世代に作曲に関する指導・助言はこれから無いことになる。その最終講義の概要は三つだった。@音楽・作曲の感動を他人と共有する手だてについて A誰でも直ぐに即興で音楽づくりに参加できる“カンパネラ”をピアノでつくる B音楽も基本は脱力から。そこで脱力による全身運動の“タコ躍り体操”を人それぞれがつくり実習する ☆無事卒業させていただいた感動があった。これからはやっと人生のスタート地点に立ったようなので、若い人びとから音楽を学ぶことにした。
posted by Dr.ひ〜ろ〜(坪能克裕) at 23:39| 日記

2017年12月18日

仲間づくり&外し

 演劇でもコミュニケーションから仲間づくり。仲間が密にならないといい表現・舞台ができない ☆小学校にもコミュニケーション教育が入って行く。いい手であることには違いない。しかし仲間になれない人びともいる。そことのコミュニケーションは、疎・希薄の関係でも音楽はつながって行くことができる。演劇大好きな人の仲間意識では、そこが希薄だとつながらないことがある ☆演劇大好きな人でも、その仲間意識の差を埋めないと拡がりに限界がある。音楽大好きな仲間と演劇とでは、邑のつくられ方が違う。どちらも好き嫌いはあるだろうが、演劇のコミュニティーは特別な邑になっていることが多い。
posted by Dr.ひ〜ろ〜(坪能克裕) at 22:14| 日記

2017年12月14日

特別プログラム

 全国劇場・音楽堂等アートマネジメント研修会2018 (主催:文化庁、<公社>全国公立文化施設協会) が平成30年1月17日より3日間、国立オリンピック記念青少年総合センターで開催されます ☆「特別プログラム」は18日午後に開催される演奏会を中心とした企画で坪能が担当します。東京文化会館のこれまでの活動事例を基に、東京音楽コンクール受賞者を含む若手演奏家の学校で地域での活動も紹介します ☆学校で、社会で、音楽でつなぎ拡がり“みんなでつくる”文化芸術がテーマです ☆演奏会・ワークショップ事例報告と発表・文化会館の活動実績の報告、そして演奏会でフィナーレと四つのブロックに分かれた2時間公演です。全国から集った文化会館の人びととこれからの音楽活動を展望します。
posted by Dr.ひ〜ろ〜(坪能克裕) at 14:05| 日記

2017年12月03日

太陽がしっぱい

 過去を引きずって、やがてバレル ☆みんな黙っているが、生きた時間が長かった分しっぱいが蓄積されている。あの時もしかしたら、違ったら・・・、瞬間に首を切られてきた歴史の積み重ねが年寄りだ ☆刃物三昧でない道程で生きて来たから気が付かないが、本当は誰もが“傷だらけの人生”かもしれない。何度も首を切られて生きてきたようなので、老人のことを妖怪という ☆自然とともに生きているのが人だ。汗水垂らして生きているとしょっぱい感じがする。太陽はしょっぱい。
posted by Dr.ひ〜ろ〜(坪能克裕) at 23:02| 日記