2015年11月30日

お見舞い

 病気見舞いを喜ぶ人と嫌う人がいる。病院で禁じられない範囲なら何時でも誰でも大歓迎の人。弱っている自分を見られるのがイヤな人と様々だ。「元気な時の私を思い出して下されば十分です」とお見舞いを断られた巨匠もおられた ☆私は身内以外、ご本人がお見舞いを待っているか、喜んで下さるかの意思表示がある人だけ伺う事にしている。それは40年も前にイヤな思いをしたからだ・・・先輩が”交通事故”に合い、視覚障がい者になった。心底心配して、何時か何かで役に立てば嬉しいと思って伺った。その後「オレの大学のポストを狙って様子を伺いに来たヤツがいた」という噂が流れてきた ☆”ぷ〜たろう”でいられることに胸を張っていた私は、それこそ仰天した。しかし何か悪く言われるには私に原因があるだろう。そんな素振りがあったのか、心の底で噂に近い思いが私にあったのだろうか?何年も考え悩んだことがあったが、どうしても思い当たらなかった。以来、人が困っている時は相手からの問いかけが無い限り、そ〜ッとしていることにした ☆「昨年末に脳腫瘍の手術をしました」という友だちの情報を貰った。大学を卒業して何十年も逢っていなかったが「これはお見舞いに!」と思いながら、モジモジしていた。喪中のお知らせを受け取ってしまった。取り返しがつかない事をしたと思ったが、同時に昔の様々なことを思い出した。
posted by Dr.ひ〜ろ〜(坪能克裕) at 23:30| 日記

2015年11月23日

守秘義務

 どこの組織にも「職業上知り得た機密を外部に漏らしてはならない」という規約がある。漏らすと法により罰せられる。一般会社にも役所にもある ☆そりゃそうだろう。一般会社や国の機密でも、町の組織内であっても、重要機密が外にドンドン流がされてはたまったモンではない。言っていいことと悪いことの境界がここにはある。しかしそれを逆手に取っている役人もいる。「それはないでしょ」というギリギリの危ない事をしている。それを指摘すると「文句があるなら首長を訴えるがいい。そういうシステムだ」という理屈を言う。なるほど社内で出世するだけ際どい実績を、誰に言われてもスキの無いように残している。成果は別で、行く先々で枯れた実績だけを残しているが・・・ ☆時々内部告発がある。告げ口などする方だって良い気持ちではないだろう。エセ正義のヤツだっている。また貶めてやろうという事例も無きにしもあらずだ。その微妙な隙間を縫って危ない機密が外に漏れだしていく・・・そう言えば、私だって企業から、どこかの首長や木っ端役人の悪辣な手を端から見て来ているので、何だったら時効過ぎに「王様の耳はロバの耳だ」って大騒ぎしてみることだってできるようだ。それをしないのは、もっと人の奥底で幸せになっていく手だてをみんなと共有する方が楽しいからだ。
posted by Dr.ひ〜ろ〜(坪能克裕) at 23:58| ドキュメント

2015年11月15日

落研・20周年

 文化会館の芸術監督時に、幾つもの市民文化参加団体を創設した。市民自らの力で文化をつくり・育て・交流する大切な基礎作りだった。「魔法の学校」も同じコンセプトで開校していた ☆20周年の記念公演があった。落語研究会だ。これが素晴らしい成果を上げていた。 20年の途中経過は知らなかった。それだけ市民の手でつくりあげた成果になっていた。それとオチ研の特性か、地域から拡げられ、つながり、豊かな人々の輪が育っていた ☆ビックリしたのは女性落語家!これがハンパでなく上手い。仲間にはその技量の女性タレントさんがゾロゾロいるらしい。週末にはお座敷が引きも切らさずあるそうだ。男性陣もプロとして食べているのではないか、と思うくらい貫禄がある。自立した市民文化はここにあった ☆アウトリーチで洋楽が地域・学校に入る文化活動に有料で参加している。文化施設はそのバカにならない予算を毎年計上している。しかし本来はオチ研のような活動が基本にあって、そこに必要に応じて文化施設の予算が投入する方が理想だと思っている。何十年立っても同じ理念を確認し、なおかつ上質な市民文化の展開を見たように思った。招待されて幸せだった。<越谷市市民活動支援センターにて11月15日午後>
posted by Dr.ひ〜ろ〜(坪能克裕) at 22:12| 文化事業