2016年02月28日

自虐ネタ

 川柳など特にそうだが、公募の受賞作やウケる作品に自虐ネタが多い ☆夫婦それぞれの自虐を笑う。それがウケるから受賞する。読者もニンマリする。どうしてだろうか?何が面白いのか私には分からない。夫婦のマンネリを笑うことによりストレス解消なのか、ネタを喜ぶのか、レベルを下げると支持する人口が多いのか? ☆キャッチ・コピーなども、日頃考えている自虐に共感をことが多い。自虐から何かが生まれるかどうかだが、何だかオナラを笑うようなレヴェルに思う。
posted by Dr.ひ〜ろ〜(坪能克裕) at 00:10| 日記

2016年02月01日

合唱指導

 ソロ楽器の演奏・歌唱も、合唱団を歌わせることも、表現者の歌そのものだ ☆ピアノを弾いても、演奏者の音そのものが出る。歌い方も楽器を通して出る。歌っているフリしているが、全く歌えないピアニストもいる。アンサンブルになると指揮者の歌い方に統一される。もちろん個々が歌っている表現を全体としてまとめる役だが、指揮者の歌い方の元にまとめられることが多い ☆高齢のベテラン指揮者が幾つもの”おかあさんコーラス”を振っていた。どこも同じ歌い方で、日本の叙情歌が切れ切れの浪花節に聞こえた。誰も注意しないベテランの陥る”つぶやきソング”がそこにはあった。別の所では奇妙な指揮をしていた。歌とまるで違う動作が違和感を覚えた。理由を追い求めたら、故人の合唱指揮者の部分的なマネをしているだけで、歌とは関係無いようだった ☆歌うこととそれを表現することは、音楽の基本に当たるが、その簡単なことがとても難しいことだと再度思い知らされた。
posted by Dr.ひ〜ろ〜(坪能克裕) at 10:16| ドキュメント