2017年02月14日

寺の世話役

 どこのお寺に行っても「講」のような”世話役”がいる。揃いのはんてんを着た高齢者が多い ☆多くの例はボランティアだ。仏様に奉仕している満足感がある。”選民主義”を地で行った人や、邑社会を作っている人や勘違いの人びともいる ☆光を浴びられる瞬間に弱者を蹴飛ばして我先に名乗るようなところもある。世話役も現世のドロドロから抜けない所がお寺での参拝客の手本になっている ☆見守るだけ、微笑んでいるだけ、困った人に「耳を傾ける」だけ。出来そうで出来ない姿を見せているのが世話役の本領だ
posted by Dr.ひ〜ろ〜(坪能克裕) at 23:29| ドキュメント