2018年08月02日

園田・加納賞

 文教大学は、多くの人びとが卒業後学校の教員になることでも有名だ。もちろん他の職業に就く人もいるが“作曲家”になる人はいなかった ☆音楽専修を卒業した「坂口野花(やか)」さんが卒業作品の時だけでなく、卒業後も私のところに尋ねてくださって、その後独立して舞台音楽のお仕事を始めてから三十年以上の月日が経っていた ☆この度、日本舞台音響家協会より舞台芸術の作曲で素晴らしい成果を上げた功績で「岡田・加納賞」をいただいた。私なりに指導助言のお手伝いをして、しかし実際は何も音楽に関することを教えなかった人の一人だが、その仲間で初めてご褒美をいただいた。我がことの様に嬉しかった。後輩を自慢するってホント嬉しい!どこかで彼女の音楽をみんなで(芝居と共に)見聞していただきたいと願っている。
posted by Dr.ひ〜ろ〜(坪能克裕) at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ドキュメント