2016年08月29日

子どもの音楽(3)

 演奏家がやりたがる曲を優先的にプログラム化したがる。聴き映えだって、演奏の充実感だってある。どこでもやっている「らしい子どものため」の演奏会を参考にしたがる。そんなモンだから、という雰囲気もある ☆子どもの音楽や教育の専門家・音楽教育プログラムを研究&実践している人・作曲家などが加わったブレーンと提携していないプログラムに優れた演奏会は無い。専門家の意見は貴重だ。そこまで最近は掘り下げて制作していることが多くなった。制作関係者で”学習指導要領”を読んでいる人にも出くわすようになった。子どもダマシでなくなった。そこまで考えない企画は、本物を聴かせているポーズだけはあるが、殆ど大人の満足になっている。子どもの・・・と掲げる時は、そのくらいシビアであって当然だ。大人向けのコンサートより、とても大変なのだ。
posted by Dr.ひ〜ろ〜(坪能克裕) at 19:25| コンサート

2016年08月24日

記譜法学会

 1972年にローマで「国際記譜方学会」が開催された ☆ グラーツで国際現代音楽祭に参加した帰り、ローマの「ノーヴァコンソナンツァ」が拙作を演奏会に採り上げるというので立ち寄った。そこで記譜方の学会があったわけだが、発表など当時何のことだか私には分からなかった。図形楽譜や現代の様々な記譜の問題が討論されていたのに・・・ ☆資料は冊子からパンフレットまで合わせると百科事典一冊分にもなり、帰りの荷物は重かった。その後イタリア語の資料が多く、読むのに苦労してそのママ段ボール箱で眠り続けていた ☆役半世紀経ち、それを研究している若者が現れた。全部差し上げた。役に立つとは思わなかったが、意外なところで生き返った。二度と手に入らない貴重な資料として生かされた。資料は取っておくモノだと感じた。
posted by Dr.ひ〜ろ〜(坪能克裕) at 19:02| ドキュメント

2016年08月10日

ス芸(スゲ〜ッ)!

 感動の基になる一つにヴィルトゥーゾ(超絶技巧)がある ☆体操などにも人間業とは思えないスゲー表現に出会うことがある。作曲でも演奏でも、スゲ〜ッと魅入られる世界の提示がないと、時代に埋もれていく。素恋(すごい)とか、う舞(うまい)とかいうレヴェルではない。芸を超えたところに新世界がある ☆一度見聞きすると、同じ表現でも次からは感動の度合いが減っていく。それを超えて、何回もス芸!と言わせられないと消えていく。そう!芸術だって”格闘技”だからだ。残念ながら最近では「ス芸!」と驚くことがなくなった。それが私にとってはス芸ことだ。
posted by Dr.ひ〜ろ〜(坪能克裕) at 18:39| 日記

2016年08月02日

現場検証

 今はTVにも視聴率があって、視聴者の反応は直ぐ分かる。しかし例えばドラマでも、歌謡ショーでも、どこが受けたか明確ではない。もちろん視聴率は動くから、多くの人びとが支持した場面はピークで分かる ☆昔がいいとは限らないが、映画館での観客の反応は凄まじかった。手を叩いて興に入ったり、台詞の受け渡しも瞬間に受けることが分かる。それでシナリオを書いた人は直接肌で反応をチェックすることができた。だから同じウケ台詞は使い回しが利いた。「お前の出る幕じゃァねえ!」「へェ・・・」という場面もいい例だ ☆一回の TV放映と、半年も全国を巡業した映画とは比較出来ないが、制作関係者は「何が、どこがウケたか」色々な手を使って調べている。”柳の下のドジョウはいるだけ採れ”という世界だ。ウケる嗜好が多くなった分、ドジョウを探しても見つからないことが多くなった。
posted by Dr.ひ〜ろ〜(坪能克裕) at 00:11| ドキュメント

2016年06月01日

真っ黒総譜

 現代音楽の総譜(スコア)は細かくてギッシリ、真っ黒に書かれているものが多い。特にコンクールになると、熱意の象徴のように真っ黒だ ☆ゴチャゴチャした音がグチャグチャ鳴っている、と読むと大体そんな音がする。五線紙が目立つ、つまり音譜が少ないといい音がしないように思っている人が多い ☆その真っ白な楽譜を記す代表は、亡くなられた「若松正司」さんだった。音譜を何処に書いてあるのかビックリするほど少ない。ところがオーケストラが鳴り出すと、素晴らしいアレンジの音がした。確かに必要な音が最小にして最大の効果が上がるように書かれていた ☆私の図形楽譜も「即興」と演奏者の「創造」に負えるように記されている。書かれたことが少ないと大体心配になり、不安が募り、不満が出る。或いは「みんな私がやってあげたの」という自分の創作を主張する人もいる。難しい話だが、最小にして最大の表現が出来るということは、創作の神髄だろう。
posted by Dr.ひ〜ろ〜(坪能克裕) at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 作曲

2016年05月27日

葬送の響

 人は長いこと生きていると、多くの生命の誕生を祝い多くの別れを経験する ☆また一人友を亡くした。23日に入院・24日朝に亡くなり・25日昼には葬儀が営まれ荼毘に付された。瞬時のことで夢かと思った ☆音楽づくりを含む創造的な音楽活動を音楽の授業に教材化した功績は輝きがあった。時代をつくった人の一人だった。この世のミッションを終え、天使と共に飛び立った感がある ☆生き方が上手かったとは思えないが、音楽への情熱は凄まじいものがあった。教会が悲しみに包まれた瞬間でも、ミッションを果たした人の響きは重厚に鳴り響いていた。故高須 一氏の冥福を祈りながら、その足跡は祝うことにした。
posted by Dr.ひ〜ろ〜(坪能克裕) at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ドキュメント

2016年05月23日

アジア管絃の現在

 「祷声」という企画の演奏会が22日・京都市立芸術大学で開催された。コンテンポラリー作品を集めて、表記テーマの基室内楽・合唱など二部構成で一日音楽に満たされた空間を経験した ☆拙作のヴィブラフォーンの作品も宮本妥子氏が見事な祈りの世界を拡げてくれた。国内外の選りすぐれた作品が多かった。しかし何より驚いたことは、演奏レヴェルの高さだ。それも大学教員が・・・ではなく、今学んでいたり、今春大学院を卒業した人びとが、ベテランのような説得力で表現していた ☆四半世紀前には考えられないレヴェルだ。京都という一つの町にこんなに優れた音楽家が生まれているなど、信じられない世界が展開していた。続々とハイレヴェルの演奏家が生まれている。凄いことだ!
posted by Dr.ひ〜ろ〜(坪能克裕) at 19:05| コンサート

2016年05月03日

適応障害

 学校でも会社でも、いや社会そのモノにも人には”適応障害”がある ☆大きな括りで言えば、人は大なり小なり”適応障害”があって、それを誤魔化したり、自分に言い聞かせたりして生きているようだ。自覚があるのに、自分がいけないと思って責めている人が多い。自分や社会に責任があるのではなく、元々適応出来ないのが人間で、一般的な教育により説得されて適応の雰囲気に包まれた安心感で生きているだけなのだ。だから適応障害を感じる人ほど正直で自然人なのだ ☆現世ではそれでいい。その次が問題だ。あの世で適応出来なかったらどうなるのだろうか?その障害の報告は何処にも無い。みんな仏様になれるような説法だらけだ。本当だろうか?
posted by Dr.ひ〜ろ〜(坪能克裕) at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月04日

オープン会館

 文化施設の活動は五年で様変わりしていく ☆四半世紀前は、一流のプログラムを買い取る企画が大変だった。十五年前後では、市民参加やアウトリーチ事業の展開に躍起になっていた。市民文化の育成や地域の人財育成が、文化力を生み育てる原動力になっていた ☆現代もそれは望まれている。その成果が地域の枠を超えて文化の発信になることが期待されている。それプラス「交流の場」としての役割が増えて来ている。大学・高校では受験生の募集に精出している。少子化の波が文化にも影響するところだ ☆そのためには、大学がオープンキャンパスで次世代(受験生)と交流するように、文化施設も幅広く大学受験生だけでなく、高校・中学まで含め、また将来の地元企業への就職を兼ねた交流を早くする必要が生まれてきている。そこで”オープン文化施設”が必要になってきている。特定の大学・高校・クラブ・企業だけでなく、様々な人びとが行き交うスペースだ。資金を掛けず、持ち寄りで”文化”をテーマに交流する。それが文化施設の残された役割になっていくようだ。
posted by Dr.ひ〜ろ〜(坪能克裕) at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化事業

2016年03月22日

変幻自在

 公立文化施設の文化事業概要は、三年待たずに変わって行く。どの施設も「世は無常だ」 ☆以前は高価な買い取り企画がメインにあった。その後市民参加や市民文化の育成、出前企画が起こり、会館内外で活発に事業が展開された。栄枯盛衰とは異質な行政の意向やシステムの変化、時代や市民ニーズ、資金の獲得方法の違いによって、文化会館も変わりつつあった。「指定管理者制度」の導入もあり、施設の運営も事業そのモノも大きく変わったと言える ☆三年現場から離れると、情報の受発信から、未来の展望も分かりづらくなる。しかし一つ言えるのは、文化施設だけの文化事業から、地域の様々な人や組織と連動した企画による施設の生かされ方がこれから必要とされているようだ。
posted by Dr.ひ〜ろ〜(坪能克裕) at 23:08| 文化事業